Facilitating Cosmetics-aging caring

コスメの中でも人気の高いジルスチュアート【魅力をチェック】

敏感肌の方に対しての助言

間違った選び方はしない

婦人

現在、エイジングケア用の化粧品は様々なメーカーから販売されています。ドラッグストアやスーパー、化粧品専門店、百貨店などに多くのメーカーのエイジングケア化粧品が置かれています。加齢とともに肌の衰えはどうしても起こってしまいます。そこで、エイジングケア用の化粧品を使って肌のケアをしていくことが必要になってきます。しかし、こうした化粧品を選ぶ際に敏感肌の方は気を付けておきたい注意点があります。それは敏感肌の方は、刺激の強い美容成分が含まれている化粧品は控えることです。ビタミンC誘導体やナイアシン、さらにはコラーゲン生成や美白効果のある美容成分のエイジングケア化粧品はありますが、中には刺激が強いものがあり逆に肌を傷めることがあることを知っておきましょう。また敏感肌の方は、化学成分が含まれているエイジングケア化粧品も控えるようにしましょう。化学成分が含まれていると刺激がどうしても強くなりますので、避けておくことが無難です。さらに、敏感肌の方はエイジングケア化粧品を購入する前に必ずパッチテストを行ってから買うようにしましょう。肌が敏感な方は、自分自身にとって肌に合うかどうか確かめるパッチテストを行ってから購入することで、自分自身の肌に合ったものを選ぶことができます。では、敏感肌の方どのようなエイジングケア化粧品を選んだ方が良いかですが、一番はセラミドの美容成分があるエイジングケア化粧品を使用することです。敏感肌の方は角質層の水分とバリア機能のを保つ機能が衰えているので、それを補ってくれるセラミドはもっとも最適なものになります。

適した化粧品を選択しよう

メイク道具

20代後半に差し掛かると、しわやたるみ、ほうれい線、毛穴の開きや乾燥など様々なお肌のトラブルが気になってきますよね。エイジングケアとは、このような加齢によるお肌のエイジングトラブルを改善・予防することを指します。年齢に関わらず、加齢によるお肌の悩みを感じ始めた時が、エイジングケアを始めるタイミングなのかもしれません。エイジングトラブルは、女性ホルモンの減少や蓄積された紫外線、糖分の取りすぎなどが原因となっていることが多いです。まず、紫外線対策を徹底し、食生活などを見直す必要があります。それと同時に、エイジングケア用の化粧品を利用しましょう。エイジングケア用の化粧品は、数多くありますが、自身のお肌の悩みによって選択すべき化粧品も異なってきます。まず、ビタミンC誘導体には、美白や毛穴の引き締めの効果があります。シミやくすみ、毛穴の開きが気になる場合は、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を利用すると良いでしょう。また、コラーゲンは年齢とともに失われがちなお肌のハリを取り戻す効果があります。たるみやほうれい線が気になる場合はコラーゲン配合の化粧品を選択しましょう。最後に、セラミド・ヒアルロン酸は、お肌を瑞々しく保つ効果があります。乾燥によるしわや化粧のノリが悪いことが悩みの場合は、セラミド・ヒアルロン酸配合のものを選択しましょう。自身の悩みに応じて適切な化粧品を選択すると、エイジングケアの効果が高まります。

透き通った若い素肌へ

女性

若い素肌を保つために大切なことは、皮膚を清潔にしてからお手入れを始めることです。また、洗顔の際、すぐに石鹸やクレンジングクリームで顔を擦ったのでは、皮膚に付いているゴミやホコリを押し付けてしまい、素肌にダメージを与えることになります。そのため最初は人肌より低いぬるま湯か、冷水でない水を浴びせるように顔へ掛け、あらかた汚れを落としてから洗顔石鹸などを使いましょう。清潔な肌は美容液などの成分も馴染みやすくなりますから、エイジングケアの基本です。そして、エイジングケアでは保湿が重要になるため、コラーゲンを配合している基礎化粧品を選びます。保湿が的確にできれば水分を逃しませんので、弾力の備わったハリのある若い皮膚を目指せるのです。さらにレチノールも一緒に配合しているコスメを使いますと、より優れた効果が望めます。これはビタミンAの1つですが、コラーゲンをサポートする役割りを持っており、素肌の再生を促す働きがあるのです。また、透明感を出す場合は、真珠エキスが入った基礎化粧品も外せません。真珠エキスには天然のミネラルが豊かに含まれているうえ、コンキオリンという成分も含有されています。コンキオリンは保湿をはじめ、抗酸化作用や皮膚細胞の再生活性作用など、数々の美容効果でエイジングケアをサポートしてくれるのです。それらのエイジングケア成分を含む基礎化粧品をつける時は、上下に皮膚を引っ張ったりせず、顔の中心から外側へ向かい、筋肉の流れに沿って優しくつけましょう。